女性管理職の育成を行なっているフラームジャパンの新着情報詳細

女性管理職の育成を行なっているフラームジャパンの最新情報について

MRはどんな仕事か?  ~MRの仕事について~

皆さんこんにちは。
FlammeJapanでは製薬業界で活躍する女性のキャリアをサポートしていますが、今日は製薬業界の第一線で活躍する「MR」という仕事がどういう仕事であるかまとめてみます。

MRとは


MRとはmedical representativeと呼ばれ日本語では「医療情報担当者」と呼ばれます。仕事の役割としては、医薬品の適正使用のため医療従事者を訪問することなどにより、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主な業務として行う者Wikipediaより)と定義されています。


 



MRの具体的な仕事内容


MRは医療従事者が医薬品を適正に使用できるように、常に医薬品に関する品質・有効性・案税制などの情報をアップデートしなくてはいけません。


情報を扱う医薬品の種類はたくさんありますが、MRは「医療用医薬品」といわれる『医師の処方箋により薬剤師が処方する薬』の情報を取り扱います。


医療用医薬品にも種類や形状(錠剤・粉薬・軟膏・塗り薬・注射・点滴等)があり、それぞれの薬が取り扱われる理由、メリット・デメリットがあり、薬を選択する患者さんにとって非常に重要な情報なので、正しく認識する必要があります。


 


MRの大きな役目は、医療用医薬品に関する情報を医師や看護師といった現場にいる医療従事者の人たちに正しく伝えることです。


新薬が新しく販売される際には、治療での使用を提案することと、同時に誤った使い方・認識による人命や健康被害を防ぐため、正しい情報を伝えることが非常に重要となってきます。


 


 

MRはどのような適性が必要ですか


MRはどのような人材が必要になるでしょうか。


MRは「適切な医療情報を医療従事者に届ける」という大切な役割を担っています。そのため、専門的な知識は必要になります。


しかし、情報を持っていることがゴールではありません。その情報を医療従事者に伝え、しっかり理解してもらうことが重要です。


「医療従事者に本当に必要な情報は何か」と考え「限られた時間でわかりやすく伝える」という能力がとても重要です。


そのため、製薬の専門知識と高いコミュニケーション能力が必要になります。


MRは理系の人だけでなく、文系出身の方やその他異業種出身の方もたくさん方が活躍されています。

 

製薬会社では、入社後のOJTが非常に充実しており、製品研修、コミュニケーション研修、営業、競合製品の研究など、受けることができます。高いスキルが必要になることは間違いありませんが、しっかり研修を受けて基礎的な能力を培うことができる環境は整っています。


 

女性のMRの活躍は増えている


2016年4月、女性活躍推進法が施行されました。さらに政府は2020年に女性管理職比率30%の目標を掲げ、それに向けて企業の中で、様々な制度や組織改革が行われています。 


育休を取得後産後復帰する女性や、管理職として活躍する女性社員も増えてきています。


FlammeJapanも女性にとっての「理想の働き方」を実現するために、さまざまな業務改善や制度改革に取り組んでおります。


 

お問い合わせはこちら

女性管理職の育成を行なっているフラームジャパンの新着情報詳細

女性管理職の育成を行なっているフラームジャパンの最新情報について

MRはどんな仕事か?  ~MRの仕事について~

皆さんこんにちは。
FlammeJapanでは製薬業界で活躍する女性のキャリアをサポートしていますが、今日は製薬業界の第一線で活躍する「MR」という仕事がどういう仕事であるかまとめてみます。

MRとは


MRとはmedical representativeと呼ばれ日本語では「医療情報担当者」と呼ばれます。仕事の役割としては、医薬品の適正使用のため医療従事者を訪問することなどにより、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主な業務として行う者Wikipediaより)と定義されています。


 



MRの具体的な仕事内容


MRは医療従事者が医薬品を適正に使用できるように、常に医薬品に関する品質・有効性・案税制などの情報をアップデートしなくてはいけません。


情報を扱う医薬品の種類はたくさんありますが、MRは「医療用医薬品」といわれる『医師の処方箋により薬剤師が処方する薬』の情報を取り扱います。


医療用医薬品にも種類や形状(錠剤・粉薬・軟膏・塗り薬・注射・点滴等)があり、それぞれの薬が取り扱われる理由、メリット・デメリットがあり、薬を選択する患者さんにとって非常に重要な情報なので、正しく認識する必要があります。


 


MRの大きな役目は、医療用医薬品に関する情報を医師や看護師といった現場にいる医療従事者の人たちに正しく伝えることです。


新薬が新しく販売される際には、治療での使用を提案することと、同時に誤った使い方・認識による人命や健康被害を防ぐため、正しい情報を伝えることが非常に重要となってきます。


 


 

MRはどのような適性が必要ですか


MRはどのような人材が必要になるでしょうか。


MRは「適切な医療情報を医療従事者に届ける」という大切な役割を担っています。そのため、専門的な知識は必要になります。


しかし、情報を持っていることがゴールではありません。その情報を医療従事者に伝え、しっかり理解してもらうことが重要です。


「医療従事者に本当に必要な情報は何か」と考え「限られた時間でわかりやすく伝える」という能力がとても重要です。


そのため、製薬の専門知識と高いコミュニケーション能力が必要になります。


MRは理系の人だけでなく、文系出身の方やその他異業種出身の方もたくさん方が活躍されています。

 

製薬会社では、入社後のOJTが非常に充実しており、製品研修、コミュニケーション研修、営業、競合製品の研究など、受けることができます。高いスキルが必要になることは間違いありませんが、しっかり研修を受けて基礎的な能力を培うことができる環境は整っています。


 

女性のMRの活躍は増えている


2016年4月、女性活躍推進法が施行されました。さらに政府は2020年に女性管理職比率30%の目標を掲げ、それに向けて企業の中で、様々な制度や組織改革が行われています。 


育休を取得後産後復帰する女性や、管理職として活躍する女性社員も増えてきています。


FlammeJapanも女性にとっての「理想の働き方」を実現するために、さまざまな業務改善や制度改革に取り組んでおります。


 

お問い合わせはこちら